(1)

1/18
347人が本棚に入れています
本棚に追加
/163ページ

(1)

 午前二時五十八分――。  高いビルが建ち並ぶオフィス街のメイン道路の路肩にタクシーを停めて、月見里優弦(やまなしゆづる)は先ほど乗せた客の行先と料金を営業日報に記載した。  本日の帰庫予定時間は午前五時。あと二時間、次の客を乗せるかを考える。先ほどの酔客は東方面の客だった。 (今度は西方面で、営業所の近くに降りる客なら嬉しいんだけどな)  そんなに都合のいいことは滅多にないが、歓楽街に近い中央通りへ車を移動させようかと優弦は考えた。膝の上に置いていた制帽を被り、白い手袋を嵌め直して右のウインカーを点灯させようとしたとき、  ――コンコン。  助手席の窓を軽く叩かれて優絃は視線を向ける。ドアの向こうから、ひとりの背の高い男が体を屈めて車内を覗き込んでいた。 (こんな時間に珍しいな)  ここは広島の中心部だが、繁華街とは離れた官公庁や大きな企業のビルのあるオフィス街だ。当然、気軽に飲めるような店は皆無で、おまけに今夜は週末だからビジネスマンの多くは歓楽街に繰り出したか、早めに帰宅をしたはずだ。  助手席の窓を叩いた男と目が合った。男はにこやかに運転席の優弦に向けて軽く会釈をする。少し疲れたような表情ではあるけれど、夜目にも高そうなスーツをきちんと着込んでいるのがわかる。黒髪も襟足がすっきりと綺麗に整えられていて、悠然と笑みを浮かべる男からは危険な匂いはしなかった。優絃は左側の後部座席のドアを開けた。 「すみません、いいですか?」  男が安堵の声色で聞いてくる。その声は低く、とても明瞭に車内の優弦に届いた。 「はい、いいですよ。どちらまで行きましょうか」 「ああ、よかった。ちょっと待ってください。連れがいるので」  男はスーツの胸ポケットからスマートフォンを取り出すと、どこかに電話をかけ始めた。すると、すぐに目の前のビルの裏手から三人の男女が優絃の車に近寄ってきた。 「すんません、櫻井(さくらい)さん。タクシー捕まえてもろうて」
/163ページ

最初のコメントを投稿しよう!