待ち合わせ

残暑の続くある日に待ち合わせをして出かける話です。

胡茄

7分 (3,627文字)
またまた、こんなお店があったらいいなと思って書きました。

2 5

あらすじ

「お気に入りのあの店」をテーマに妄想を膨らませて描いた作品です。主人公と友人のお話です。私にとって夏、残暑といった単語はそれだけで何かしらの印象を残す言葉です。つたない作品ですが、お読みいただければ嬉

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る