第四話 家族団欒

1/4
4285人が本棚に入れています
本棚に追加
/1263ページ

第四話 家族団欒

「どうした、弥五郎」 「……いま、変な声がしなかったか?」 「いいや? ……大丈夫か、弥五郎。本当に頭を打ったのではないか?」 「い、いや、怪我は本当に平気だよ! ごめん、変なことを言って!」 「そうか。それならいいが。……さあ、本当に帰るぞ。義母様からどやされないうちにな」 「あ、ああ」  声のことは気になる。  だが、いまはどうしようもなさそうだ。  ……とにかく家に帰ろう。  帰りが遅くなると、伊与の言う通り、母ちゃんに叱られるからな。  が、手遅れだった。 「こんな時間までふたりとも、家の手伝いもせず、どこをほっつき歩いてたのっ!!」  家に帰った瞬間、母親のお杉から、カミナリが落ちてきたのである。 「やることなんて山ほどあるのに、まったくなにをしてたんだい。……なに、相撲? そんなことをする暇があるなら薪割りのひとつでも手伝いなさい!!」 「お杉、もういいじゃないか」  隣で、怒鳴る母親を止めに入ったのは俺の父だ。  名前は牛松。 「弥五郎も伊与も子供なんだ。そりゃ相撲くらい取るさ、なあ?」     
/1263ページ

最初のコメントを投稿しよう!