第三章「天空からの声」
全4/84エピソード・完結
6/337

第三章「天空からの声」

高校での授業は、一般科目と工業高校の機械や宇宙概論と言った専門科目を混ぜながら行われている、学校の教室は20名程度が1クラスとなり。1学年で7クラスある。 教室は何年経っても進化はしなかった様で、2000年代初等のものとほぼ変わりはなく、人口工学に基づいた曲線の椅子や自動昇降する机、またかってスマートフォンと言われた様な形の機械に指をふれると、大きなエアモニターと耳に繋げるモジュールが出てきた。 かってパソコンと呼ばれていた物は、このエアテキストと呼ばれる機械により、それぞれの生徒と教師の端末を繋ぎ、骨伝導と精度を高める為の、脳波を検知するバイオセンサーを使いながら 授業を行う。 ソラの席は窓側にあり、エアテキストのモニターに映る、宇宙概論の映像を目で追いながらなんとなく、教室の窓から、黒く厚い雲から伸びた一条の光に目をやる。 『ソラ・・・・』 『遠野・・ソラ』     『こ・・・・える・・・・・・・ソラ・・・』 空を見上げていたら、自分の名前をを呼ぶ、優しい女性の声が聞こえた。 その声は穏やかで、心に入り込むように思えた。 ソラは左右を見回すが、授業に集中している学生の姿しか無く。     
6/337

最初のコメントを投稿しよう!