お茶の時間

1/7
464人が本棚に入れています
本棚に追加
/50ページ

お茶の時間

 彼の朝は、仕事場でのお茶の時間から始まる。  窓を開けて換気をし、ポットを火にかける。お湯が沸くまでの時間を今日の予定を立てる時間にあて、気になる事をあげていく。そうするうちにポットから湯気が上がり、彼は立ち上がって火を止めてポットを持ったままソファーセットへと場所を移した。  そこにはお茶セットが整っている。お気に入りのティーポットには今日の茶葉がすでに入っている。揃いのカップに、お菓子も少し。  腰を下ろしてティーポットにお湯を注ぎ込むと、少し濃いオレンジ色が白い磁器に映えた。 「今日のお茶はなにかな、エリオット?」  戸口でする軽やかで甘い声に顔を上げると、エリオットはにっこりと微笑んだ。 「ジョルジですよ、オスカル」  扉を閉めて入ってきた彼は、当然のようにソファーセットに腰を下ろす。  エリオットもカップに淹れたばかりの紅茶を注ぎ、彼の前に置いた。揃えのセットは、元より二人分用意されている。 「いい香りだね。今日のお菓子は…ジャムクッキーか」 「えぇ。昨日買ってきたばかりなんですよ。一つ食べて気に入りました」  形のいい細い指がクッキーを一つつまみ、そのまま口に放り込む。     
/50ページ

最初のコメントを投稿しよう!