転生

1/11
106人が本棚に入れています
本棚に追加
/209ページ

転生

 気がついたら、猫の身体になっていた。  ああ何てことだ。俺は、猫として生まれ変わってしまったのか。  あの時代から、ようやく生を受けたというのに、猫とは。  前世の悔いがこうも情けない姿を晒すことになろうとは。  こんな姿では、あの人に会いに行くことも出来ない。探すことも出来ない。  そもそも、あの方は、この現世に生を受けておられるのか。  あの時代を経て、あなたは私と同じこの時間(とき)に、生きておられるのですか。 「……もし、そこの御方」  しかも今は夜、月光しか色を判別するための光はないが、猫は猫でも黒猫ではないか?  なんと縁起の悪い! 「そう言わないでください。影虎(かげとら)の体の艶は、クロヒョウにも負けぬと飼い主としては思っているのですから」  何奴! 「その猫の飼い主でございます。申し訳ありませんが、私は鳥目で夜に外を歩くことが出来ません。これ以上遠くに行かれますなら、その猫の身体をお返しください」     
/209ページ

最初のコメントを投稿しよう!