第1話:初めてのパートナー

1/49
815人が本棚に入れています
本棚に追加
/1822

第1話:初めてのパートナー

 貴方は犬が好きかな?  可愛いよね。私も嫌いじゃないんだ。  貴方は、犬の事をどれくらい知っているかな。  貴方にもし愛犬がいるなら、安心して貴方の横で眠る彼らの顔をよく見てほしい。きっと、その子は幸福だ。  犬は大昔からあらゆる形で人と共存してきた。良くも、悪くもね。  ある時は戦争の武器に、ある時は食料に、ある時は毛皮に、ある時は無意味な実験台に、ある時は娯楽として死闘をさせられる。  もう、人と共にいなければ自由に外も歩けない。身を守る為に牙を見せれば銃口を向けられる。  そんな彼らがもし、人間の言葉を発することが出来るとしたら……貴方は興味を持ってくれるだろうか。  私はしがない吟遊詩人。我が主の命を受け、そんな彼らの生き方をこの目で見て記していきたいと思う。  一緒にどうかな。退屈かどうかは、彼ら次第だけどね。  それでは始めようか。犬が主役の物語を。
/1822

最初のコメントを投稿しよう!