第26話:すれ違う気持ち

1/42
819人が本棚に入れています
本棚に追加
/1822

第26話:すれ違う気持ち

 クロと呼ばれた男と瑠璃が見つめ合う。瑠璃の身体はまだ強張っていた。  クロがにこりと微笑んだ瞬間、瑠璃は地面に膝を着く。力が抜けてしまったのだ。クロはその場にしゃがみ込み、瑠璃に視線を合わせる。 「怖かったね。大丈夫かい?」 「なんか、もう……」  瑠璃が俯きながら両手で顔を覆う。 「なんかもう、いっぱいいっぱいで。何がなんだか、整理出来ない」 「そうだね。君は少し休むべきだよ」 「本当に……クロなの?」  クロはニコニコ笑いながら、瑠璃の肩に手を置く。 「うん。僕は君の知ってるクロで合ってるよ」 「猫までいるなんて聞いてない……」 「ふふ。犬と狼がいるなら当然猫だっているさ。僕の事が信用出来ないかい? でも考えてご覧よ瑠璃君。野良犬と狼と野良猫。一番無害なのは猫だよ。人間を襲ったりなんてしないからね」  クロはそう言って腰を上げ、瑠璃に手を差し伸べた。 「さぁ、立とうか。凍えてしまいそうだよ。シェパード君の所に行こうとしてたんだよね?」 「なんで、知って……」 「ふふ、秘密だよ。僕はよく胡散臭いと言われるんだ。僕もそう思う。でも僕は君の味方だよ。それだけは嘘じゃない。安心して欲しいな」 「……」     
/1822

最初のコメントを投稿しよう!