第2話:大事な人の為に

1/44
815人が本棚に入れています
本棚に追加
/1822

第2話:大事な人の為に

「へぇ、彼処が瑠璃さん行きつけの?」 「はい!」  瑠璃には行きつけのカフェがある。その話をしたら和希が興味を持ち、只今ジュン、和希、弥助を連れて例のカフェに案内している真っ最中だ。ちょっと小太りな中年マスターが個人で経営しているカフェだ。 「貴様貧乏のくせに随分と洒落たカフェに通っているのだな瑠璃」 「や、安いんだよああ見えて!」 「なんか、さっきから女性客ばかり入って行きますな」 「ああ、それは」  数年前までは男の客が多かったのだ。だが、ある理由で女性客が急上昇。今までずっと一人で経営してきたマスターが、ある日突然とんでもないレベルのイケメンを雇ったのである。言わずもがな、女性客が増えたのはそのイケメン君が原因だ。頬を赤く染めながら連絡先を渡していく女性が後を絶たない。 「成る程。そのイケメンには悪いことをしてしまうな」 「なんで?」 「俺が入った瞬間、女共は俺の虜になってしまうからだ」 「童貞が何を仰有るか」 「童貞じゃない! 夢の中で俺が何人の女を抱いたと思っている! 馬鹿にするな!」  それを童貞という。  それはさておき、扉の前にやって来た。少し厚いめの扉を開くと、カランと心地よいベルが鳴る。     
/1822

最初のコメントを投稿しよう!