第14話:身体を張って守れる存在

1/66
826人が本棚に入れています
本棚に追加
/1829

第14話:身体を張って守れる存在

 大学の講義が終わり、和希は自分のノートを軽く見返した後一息吐いて教材や筆記用具類を鞄にしまった。 「今日楽しみだなぁ!」 「な!」 「第六回医学部飲み会! 時間間違えんなよお前ら。五時集合だかんなぁ」 「ちょ、ちょっと、声大きい。聞こえるって」 「あ……」  講義を受けていた奴等が皆集って盛り上がっている。どうやら飲み会をするらしい。一人の男が大声を出したのを隣にいた女が焦って注意する。注意された男は気まずそうに和希を見た。  そう、和希だけ誘ってないのだ。 (いや、気まずそうにするな。何一つ悪くない俺まで気まずくなってしまうではないか。黙るな。貫き通せよ。さっきまでのテンション最後まで貫き通せよ馬鹿共おおおお!!) 「ど、どうする? 誘う……?」 「え……マジで……」 「あれぜってぇ聞こえてたよ。お前がでけぇ声出すから」 「下手に誘ってヤクザ連れてこられたらどうすんだよ」 「やだよ私。折角の楽しい飲み会が葬式後の会食みたいな空気になるって」 「失礼な事したら全員東京湾で鮫の餌」     
/1829

最初のコメントを投稿しよう!