第20話:良い子の子守唄

1/39
818人が本棚に入れています
本棚に追加
/1822

第20話:良い子の子守唄

『オゥケーイ! グッボーイ!』  ジュンはキラキラした目でテレビ画面を見ている。画面には、中年の男とボーダーコリー。投げたフリスビーを見事キャッチし戻ってきたボーダーコリーに、『グッドボーイ』と言って男はボーダーコリーの鼻に自分の鼻をチョンとつけて頭を撫でていた。 「瑠璃!」  目を輝かせて此方を見てきたジュンに嫌な予感を察知し、瑠璃は目を逸らす。一緒に居た文也も察し、ニヤニヤしながら面白がっていた。 「俺にも良い子に出来たらこれやってほしい!」 「だとよ瑠璃ちゃん」 「絶対やだ」 「ご主人様ぁ!! 蘭丸もグッボーイやってほしいですぅ!!」 「絶対やだ」 「瑠璃ぃ!」 「やだ」 「ご主人様ぁ!」 「やだやだ」  ジュンと蘭丸はその場に寝転がって大の字になり、手足をバタバタさせる。幼児顔負けの駄々っ子ぶりである。 「俺も鼻チョンでグッボーイされたいされたいされたいぃ!」 「蘭丸もぉ! 鼻チョングッボーイされたいされたいぃ!」  瑠璃は溜息を吐き、ジュンを手招きする。 「ほら、犬になれ」 「マジか瑠璃ちゃん」 「瑠璃ぃ……っ」     
/1822

最初のコメントを投稿しよう!