ぱらっとめくって

2/7
474人が本棚に入れています
本棚に追加
/191ページ
「ん、発情期は終わったようだね。一応興奮抑制剤を出すよ」  ラビィの心音を聞いていた医師は、そう言って聴診器を下ろした。ラビィは強張りを解いて、ホッと息を吐く。 アルベルトは、医師を部屋の外まで見送った。彼は眼鏡の向こうからこちらを見て、目を細めた。 「おまえさん、あのうさぎ娘と寝ただろう」 「え?」 「発情期は異性を誘って子を孕むためにあるからな」 「……子供」 ラビィに似た、ふわふわのロップイヤーの子供たち。さぞかわいいのだろう。アルベルトはうっとりした。 医師は呆れ顔でこちらを見て、 「自国の王子が獣好きとはなあ」 やれやれ、と言いながら去って行った。 ★  パーティまであと3日に迫ったころ。アルベルトはバラ園に据えられたテーブルに着いて、パーティ当日の警備の打ち合わせをしていた。タージュは城の見取り図を片手に、真剣な顔で説明する。 「この生垣部分を……」 アルベルトは彼の意見に頷き、 「うん、いいと思うよ」 「外部から多くの客を迎えるのは久しぶりですから、念には念を入れます」 「ああ、頼むよ」 「ええ。アリの子一匹通しません」  タージュがキリッと言う。バトラーとフレッドが口を開いた。 「隊長、なんか張り切ってますねえ」     
/191ページ

最初のコメントを投稿しよう!