零れる

やさしく触れられて、泣きたくなったーー

午後野つばな

BL 完結 過激表現
3時間31分 (126,161文字)

1,632 6,862

あらすじ

十代の頃に両親を事故で亡くしたアオは、たったひとりで弟を育てていた。そんなある日、アオの前にひとりの男が現れてーー。 オメガに生まれたことを憎むアオと、“運命のつがい”の存在自体を否定するシオン。互い

感想・レビュー 3

最高すぎる~! でも結局だれがシオンさんの切れ端 捨てたのかスッゴい気になる!w
1件
本当に素晴らしかったです。 感想など書くのは苦手ですが、何かしたくて… 途中でどうなるのかどうなるのか心配したんですがみんな幸せでよかったです。 私もアオのようにシオンの言動に毎回胸が痛くなりました。
2件2件
設定からは想像もできないほど、純粋な愛の物語でした。 主人公のアオたちオメガを取り巻く現実は残酷で、綺麗ごとでは済まされないことばかりだけれど、だからこそアオの純粋さが一際胸を打ちます。丁寧に掬い取る
4件1件

この作者の作品

もっと見る