2-2

1/11
338人が本棚に入れています
本棚に追加
/33ページ

2-2

「『なかなかよくない?』って言ってた子、どの子?」 「えっ? 聞こえてたの?」 「言ったじゃん、俺、耳がかなりいいって」   放課後、ピアノの鍵盤蓋を開けていると、先に来ていた相良くんがソファーに胡坐をかきながら聞いてきた。 ちゃんと通り過ぎてから話しだしたのに聞こえていたとは、本当に耳がいいらしい。 「私たちの中で一番背が低くて、長めの髪のストレートの子」 「マジ? 一番可愛い子じゃん」   相良くんは「よし」と得意げな顔をして、指をパチンと鳴らす。 遠恋の彼女に、こんなこと言ってますよ、と動画を送ってあげたい。
/33ページ

最初のコメントを投稿しよう!