僕とメイ

1/3
7人が本棚に入れています
本棚に追加
/19ページ

僕とメイ

「ねえユウ、メイね好きな人ができたんだ。わかる?」  親友のメイが悪戯っぽく笑った。 「さあ?」 「何、その反応! もっとさあ、『だれだれ?』とか『聞きたい~』とか反応してほしかったなあ」  ――そのアヒル口はやめろ。可愛いとでも思ってるのか。  取り立てて美人でもないが、彼女の屈託のない笑顔には誰もが魅かれる。メイは妙ちくりんなアヒル口をした後、ニカッと笑った。 「僕には興味ないね。言っとくけどね、僕の好きだった青木を横取りしたのは何処の誰だっけね?」  意地の悪い言い方だと思うが、どうせ鋼の神経を持つ彼女には、このくらいの嫌味など通用しないことくらいわかっていた。 「過ぎたことじゃん。メイが横取りしたから、あいつがろくでもない男だってわかったんだしさ、メイに感謝してくれてもいいと思うよ。で、誰だと思う?」  ほらね。  ポジティブシンキングなんつう言葉があるが、彼女にはそんなモノ必要もない言葉だと思うのだ。  メイの思考のすべては、自分に都合よく解釈――そのひと言に尽きるのだから。
/19ページ

最初のコメントを投稿しよう!