波乱の予感

4/13
122人が本棚に入れています
本棚に追加
/138ページ
 一挙手一踏足も見逃すまいとするヒナゼの視線を受けて、ミンリはあくまで冷静だ。 「特には」  ひょい、と片眉を上げただけだ。  それが口惜しく、ヒナゼは念押しにわざわざ解説してみる。 「あれはお前を誘っていたのだ。お前を好きだと言う人間が裸でお前のベッドで寝ていれば、さすがのお前だってわかるだろう」  恨みがましい目を向けて膨れてみせれば、その頬を突かれる。ミンリがふっと、笑みを零した。 「子供が服を脱ぎ散らかして眠っていても、遊び疲れて寝間着も着られなかったのだと思うだけですよ」  ヒナゼの頬は増々、膨れた。  不覚だった。  春の夜の寒さに、布団に潜りこんでそのまま、寝入ってしまったのだ。  肩を揺すられて目覚め、眠気にぼうっとしながらミンリに差し出された寝間着を着こんだ。そして抱え上げられ、自室のベッドに入れられると、後はぐっすりだ。  ほんとうに、子供のようにあやされて、ミンリの顔を見ただけで安堵して寝てしまったのだ。  ベッドに誘う、というのは難術だとヒナゼは肩を落とした。  あの手この手の口説き文句や誘い方を試みてはいるが、結果は芳しくない。  かわされ、あやされ、無視される。  どうしてもミンリは、一線を越えてきてはくれない。  自分に魅力がないのかと落ち込まないではないが、ならば魅力的になるだけだと思い直す。
/138ページ

最初のコメントを投稿しよう!