優しい木洩れ日の中で

バツイチ男性教師と孤独な生徒の静かな恋

鳴海 慧

恋愛 完結
1時間15分 (44,509文字)
【4/21】サポーター特典復活しました!

781 2.4万

あらすじ

「───その人は、日陰に射し込む木洩れ日のような、そんな暖かい人でした」 松田道行《まつだみちゆき》 バツイチ、ヘビースモーカー、四十路目前の38歳 公立高校の古典教師をしているが、若き日の情熱を忘

感想・レビュー 5

絶望からの脱却

 本当に救いようのない環境にいた莉都とバツイチ、ヘビースモーカー教師松田との出会いが新鮮でした。繰り返される短文には情景や心理描写が詰まっており読んでいて詩(うた)のようなものを感じ取ることができます
1件
この作品についての概要は、作者の鳴海さんの説明に詳しいので、 私はその特筆すべき物語の妙についてレビューしたいと思います(*^^*) 鳴海さんの瑞々しい感性によって付けられた詩のように美しい章タイト
ネタバレあり
2件5件
恋って…… 青春って…… 甘酸っぱいだけじゃない。  薄幸の美少女莉都 バツイチ松田 憎むべき存在 莉都が可哀想で見ていられませんでした。 ふたりの未来は? 手に汗握りハラハラドキドキ
ネタバレあり
3件5件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る