3/6
52人が本棚に入れています
本棚に追加
/31ページ
「どういうつもり!」  凄まじい形相で塔子がつめ寄ってくる。  この時を待っていたとばかりに、依子は口元に嘲笑を刻む。 「いきなり何?」 「とぼけないで! 安積さんのことよ!」  依子はふっと笑った。 「彼の方から誘ってきたのよ。文句があるなら彼に言って」  思い知るがいい。  今まで私が味わった痛みをあんたにも教えてあげる。  そう、これは復讐。 「あたしが安積さんとつき合っているの知ってたのに?」  必死になっている塔子の様子がおかしくて吹き出してしまいそうだ。  それにしても、あんな男のどこがいいというのか。 「安心して。あんな男、あたしのタイプでも何でもないから。塔子がそんなに彼が好きならもう会わないであげる」
/31ページ

最初のコメントを投稿しよう!