第四章 冬 ─ 春へ ─

1/79
117人が本棚に入れています
本棚に追加
/181

第四章 冬 ─ 春へ ─

「終わったぁ・・・」 一月十四日、志望校である県立大学で行われた、センター入試。 二日目の戦いを終えた僕は、心地よい疲労感に包まれながら、大学の玄関前で共に試練を乗り越えた大島を待っていた。 「お待たせ~!トイレめっちゃ混んでたよ!!」 濡れた手をハンカチで拭いながら、大島がこちらへ駆け寄ってきた。 「試験中チビらんでよかったね」 「さすがにそりゃないよ。まぁ、決壊寸前だったけど。それよりさ、出来はどうだった?僕はまぁまぁだったような気がしたんだけど」 「うーん、私もまぁまぁ・・・─」 言いかけたところで、やたらと大きな車のエンジン音が聞こえて、慌てて大学前のバス停を振り返った。 「あ、やべっ!バス来た!走れっ!!」 猛ダッシュで乗り込んだバスは、たった今試験を終えたばかりの学生で、すし詰め状態だった。 希望に溢れた顔、絶望に沈んだ顔、表情は皆そのどちらかで、前者は後者を気遣ってか、『出来た!』と口にするものはいなかった。 僕と大島も例外ではなく、話したいことは山ほどあったけど、隣の学生二人の顔を見て、乗車中はずっとウズウズする口を閉ざしていた。     
/181

最初のコメントを投稿しよう!