第1章

2/26
542人が本棚に入れています
本棚に追加
/73ページ
ゴミ箱の周りに落ちたティッシュの山。 床に散乱する服とペットボトル。 台所に散らかった食器やフライパン……。 「いただきます。」 ーーーただ、唯一綺麗な机の上に載せられた料理は、周りに映えているのかとても美味しそうに見える。 「……美味いな、自分で言うのもなんだけど。」 そして満足そうな笑みを浮かべる彼は、森下礼央(もりしたれお)。今年で三十路を迎える。 いつものようにビールを片手に、自炊した料理を美味しそうに食べる。……これが彼の夜の日課だ。 「ご馳走さまでしたっと…あぁ、片付け面倒だな……。でも食器とかフライパン洗わねぇと明日の朝何も作れないからな…。あぁ、食器洗浄機本当に買おっかな。……それとも家政婦でも雇うか?いやいや、料理されたら困るしな。金の無駄だ。」 ブツブツと独り言を呟きながら、重い腰を何とか持ち上げ台所へと向かう。 「あぁ、本当に怠い。明日も忙しいから早く風呂入って寝たいのに。」 などと文句を言いながら、皿洗いを始める森下。…水が冷たいのか、ただでも目つきが悪いのにさらに眉間に皺を寄せていて、余計に目つきが鋭くなっている。
/73ページ

最初のコメントを投稿しよう!