夢の痕
1/1

夢の痕

何をしたいんだっけ? 何になりたいんだっけ? 今もこの空っぽの胸中が ないものをねだる 振り返ってみても 足跡なんて。 「敷かれたレール」だとか 使い古された言い回しで いくら嘆いてみたって 手遅れなんだって もう もう 青空なんて 最後に見たのはいつだっけな 息も出来ないような曇天に 中身のない願いを 引き返そうとしても 断崖ばかりで ふと分からなくなる 「どうしてここにいるのか?」だとか 「自分は何なのか?」だとか 世界が乖離していく きっと もう 手遅れなんだって 何をしたいんだっけ? 何になりたいんだっけ? 今もこの空っぽの胸中が どうしたって埋められない胸中が。 堰を切って壊れるんだ 使い潰してきた我慢なんて いくつ重ねたって 修復なおせるはずなくて 痛々しく削れた痕を 見て見ぬフリで 今日も ルーティンに骨をうずめる 正しい見方も忘れて ---------------------- 2作目は 将来何になりたい?とか、そういう類いの「夢」についてです。