0. Aftereffects(アフターエフェクツ) Ⅰ

1/7
59人が本棚に入れています
本棚に追加
/766

0. Aftereffects(アフターエフェクツ) Ⅰ

 2階の居住スペースから、スチール製の幅広の階段をかけ降りると、書き入れ時を過ぎて客が引いた店内で、父さんがテーブルを拭いて回っていた。  僕に気づくと、『Dr.HOUSE』で主人公ハウスを演じていた俳優似の彼が、ニッと笑って言った。 「アディ、これから出陣か?」 「うん。行ってくるね、エリ。戻ったら後片付けを手伝うよ」 「ああ。車に気をつけるんだぞ。ついこの間も事故があったばかりだからな」 「はは、大丈夫だよ! 俺、2週間前に17になったんだけど?」 「いくつになろうが関係ないさ。AIに頼り過ぎた俺たちは、本来、人間が自然に持ち合わせていた力まで自ら投げ捨てちまった。今さらぼやいても後の祭りだがな」  僕はちょっと複雑な気分。  だって、大昔から人はより良く生きるために、いろいろなものを創造してきた。それは実際に役に立っていたわけだし、もっと良くしたいっていう気持ちがあったからこそ、現在(いま)がある。  エリ――父さんみたいな考え方をする人が一定数いるのは知っているけど、そう、今さら言ったところで、もう戻れやしないんだ。だったら――。
/766

最初のコメントを投稿しよう!