Ⅰ. もう一つの物語 パラグラフⅠ:22年前、告白

1/4
59人が本棚に入れています
本棚に追加
/755

Ⅰ. もう一つの物語 パラグラフⅠ:22年前、告白

 “声”によれば、襲撃犯三人が仲間同士で撃ち合うようしむけたのは自分だという。 「簡単だったよ。誰かひとりが仲間をバンって撃つ。バンバン、バンバン、バンバンバンバンバン! みんなで撃ち合ってハイおしまーい!」 『ハイおしまーいって、あのな……』  梶井が直接手を下して殺したのが1人、間接的に死に至らしめたのが1人、そして7歳の子ども(らしきもの)に、しむけられて(・・・・・・)死んだのが3人――だがいったいどうやって!? 残りの2人は? 梶井はなんで昏睡状態(コーマ)に陥った? 「ねぇ、僕を捕まえる?」“声”は悪戯心に満ちている。 「いいや」 「どうして? 人を殺したのに? 悪いヤツらでも殺したら捕まるんでしょ!」 「悪いヤツらが先に襲ってきているから、正当性が認められれば必ずしもそうはならない。これは普通の事件の場合な」  染谷はふところからもどき煙草のケースを取り出してくわえた。 「彼ら(掃除屋)がここで何をしていると思う?」 「えっと……何て言うんだっけ? ドラマでよくやってる……げ、現場……検証?」
/755

最初のコメントを投稿しよう!