§4

1/7
200人が本棚に入れています
本棚に追加
/76

§4

 久しぶりに足を運ぶキャンパスは、秋の一大行事である学園祭も終わり、落ち着いた雰囲気を取り戻していた。  学生課で復学に伴う諸々の手続きをした後、図書館でいくつか映画論の本を漁った。一息入れようと思って構内のカフェに寄る。何か甘いものが欲しくなってカフェモカをオーダーし、店内のテーブルの方へと足を向ける。 「あ……」  夢の中で直輝と話をしたのと同じ席に、見覚えのある姿があった。黒っぽい服と広い肩幅で、俯き加減でもすぐにそうとわかる。  あれは甦った記憶なんだろうか。それともなんの根拠もないただの夢なのだろうか。  確かめてみようかと思う。直輝のテーブルに歩み寄り、その前の席にカフェモカのカップを置く。 「ここ、いい?」  手元の本に落とされていた直輝の視線が上を向く。万葉と目が合うなり、直線的な眉がぴくりと持ち上げられた。 「ダメだ」 「えええ?」  いきなりの全面拒否?  固まっている万葉の目の前で、直輝は椅子を引いて立ち上がった。テーブルを回り込んで、万葉の立っている側へやってくる。 「そっちの席は、ドアが開いたときに外の風が入る」 「へ」 「手足が冷えるって言ってただろ」 「あ……」     
/76

最初のコメントを投稿しよう!