3

1/2
21人が本棚に入れています
本棚に追加
/19

3

「おい」と、後ろから***が声をかけてきた。 「なんだよ。合コンなら悪いが今度にしてくれよ」 「ちげーよ。×××がお前を探してたぞ」 そういえば、今日は朝から彼女の好きそうなニュースがテレビでやっていた気がする。 「仲のいいことだな」 「そりゃどーも。お前、用事そんだけ?」 「そうだよ。じゃあ」といって彼は、元来た道を引き返して行った。 これは、俺が×××を探せということだろうか。さんざん迷った挙句、結局帰ることにした。きっとまた面倒事だ。 「ようやく見つけたわ」 あぁ。見つかってしまったよ。ここで帰ったら怒らせそうだな。 「そんなに俺を探していたのか。携帯を使えばいいのに」 「あなた携帯開かないじゃない。特に私だと」 おっしゃるとーりで。「まぁ、そうだね」とだけいっておく。 「どこかに食べに行きましょう。そこで話すわ」 といって、彼女は再び歩き出してしまった。 「今朝のニュースを見たでしょう。私が気に入っている事件のニュース」 「あぁ。見たよ」 「あれ、私の家の近くなのよ。きっと犯人はまだ近くにいるんだわ。それでヒントになると思って、地図に今までの遺体発見場所をまとめてみたのだけれど……規則性がなくて困っているところなの」 ここで話を区切って、×××は甘いミルクティーで喉を潤わせた。 「君は犯人の目的を考えたことはあるかい?」 「なぜいきなり、そんなことを聞くのかしら?」 「考えてもみなよ。遺体の状況の共通点は必ず発見場が街灯の下であること。遺体が比較的綺麗な状態であること。この二つから犯人の目的は、ただ単に殺すことではないと思う。殺すことに快感を覚えているというよりも、殺し方にこだわりがあると思うのだけれど」 「意外ね。あなたが、そこまで考えているなんて。でも……」 「いいえ。なんでもないわ」と言ったきり、彼女は口を噤んでしまった。 彼女は気付いているのだろうか。殺害された女性達の共通点が、彼女自身にもあるということに。
/19

最初のコメントを投稿しよう!