吾は倭國の女王なり 壱 龍笛の陰陽師

文明の滅びゆく辺境の地へ倭国の戦さ巫女ウラと高句麗の少女サンスが冒険の旅に出る。

築田温

1時間7分 (39,936文字)
風水と歴史が好きなので、そんなファンタジーを書いてみました。よろしくお願いいたします。

18 54

あらすじ

倭国誕生にまつわる空想的冒険風水ファンタジー (あらすじ)  中国では西晋が八王の乱後ほどなく滅び五胡十六国の動乱の時代を迎えていた。ワークワークと呼ばれた倭人はいまだ国を持たず辺境の蛮族と蔑まれて

シリーズタグ

感想・レビュー 2

イベントへのご参加、ありがとうございます! さっそく感想をば。 魏志倭人伝の頃の日本が舞台なのでしょうか、とても胸が高まるテーマですね。 しっかりした文章も玄人っぽく感じます。 たまにある挿絵もスケ
1件
六.ワークワークの軍事演習 まで読みました。 とてもレベルの高いしっかりした文章で、各場面に映画のような迫力があります。 ただ、登場人物が多くて、その関係や状況が掴みにくい感じです。 読書の補助に登
3件

この作者の作品