1/13
38人が本棚に入れています
本棚に追加
/13ページ

目が覚めると、檻のなかにいた。 ・・・え?何で檻? ち、ちょっと待て。オレ、なんか捕まる様なことしたっけ? とりあえず過去に起こったことを必死に思い返す。 ・・・そうだ!確かオレは家に帰る途中で・・・ ――1時間前―― オレはいつも通り学校から家に帰る途中で、珍しく回りにハーレムがいない自称オレの親友の画伯王司(ガハク オウジ)と会って、その後勇者召喚の魔方陣に画伯に引っ張られ巻き込まれ・・・って、全部あいつのせいじゃん!! ――回想終了―― ・・・次に会ったら絶対ブン殴ってやる。 それよりも、ここはどこだろう。 勇者召喚に巻き込まれたということは、たぶんファンタジーの世界なんだろうけど、周りは薄暗いしジメジメしてるし、他にも人は居るけどみんな泣いてるし・・・ ・・・あぁ、そうか。 人身売買と言うやつか。闇オークション的な。 ってことはオレは奴隷として売られるのか。 ん~どうしようか。 テンプレだと、オレにも魔力とか能力とかあるんだろうけど、今のオレにはわかんないし。 ま、売られたところが気に入らなかったらブン殴って逃げればいいし、数十人程度なら十分で倒せるし大丈夫か。 さぁて、どんな人に買われるかな。
/13ページ

最初のコメントを投稿しよう!