12/13
38人が本棚に入れています
本棚に追加
/13ページ
オレ逹の部屋に向かいながら、フォンさんにここの世界のことを教えてもらった。 この世界は、さっき話した通り同性愛はどこの国でも許可されている。 そして、6歳から学校にはいるらしい。 6~10までは初等部で、11~13までは中等部、14~18までは高等部という順番だ。 『ちなみに、シオンは何歳なんだ?』 「オレですか?オレは16ですよ」 『16!? ・・・13くらいだと思っていた』 オレそんな童顔? なんか悲しくなってきた。 「そういうフォンさんは何歳なんですか?」 『我は2650歳だ』 「に、二千っ 四捨五入したらもう3000じゃないですか」 『まぁ、我は人間ではないからな。 一応いっておくが、我は不死身だぞ?』 不死身って・・・ 本当に人じゃないんだな。 昨日まで普通に暮らしていたのに、なんか変な気分だ。 部屋についてすぐに、フォンさんが 『ちょっと調べるか』 「調べるって、何をですか?」 『お前をだ』 オレを? 何故か黙ってしまったフォンさんを見ていると、部屋の真ん中から、突風がふいた。 ・・・突風というより、竜巻? その竜巻は少しずつ光を帯びていく。 そして、目が開けられないくらいになった時、 『久しぶりだね、フォンセくん』 っ! 『お前は相変わらずだな』 フォンさんの、知り合い? 『ん?君がフォンセくんのお嫁さんかな?』 「は、はいっ、高原紫苑です」 というか、オレがフォンさんの妻になったこと広まっているんだな・・・ そしてその人は何かを思い出したかのようにポンと手を打った。 『ああ!勇者召喚に巻き込まれてしまった子か!』 何でそれを・・・? 『何でって、僕はこの世界のことは何でも知っているからね。』 オレ、今口に出して言っていなかったのに・・・ 怖くなってフォンさんの背中に隠れる。 もともと人見知りな方なのに、こんな変な人だから余計に怖く感じる。
/13ページ

最初のコメントを投稿しよう!