大晦日

1/2
7人が本棚に入れています
本棚に追加
/4

大晦日

「あー、やっぱり家のこたつはええなぁ」 大輔はこたつに滑り込むように入って言った。 (そら、そうやろ) 私はうなずく。 「あれ、兄ちゃんち、こたつなかったか?」 大輔の向かいで、こたつに入っている弟の拓海たくみが言った。 「あるけど小さいやつやし、布団もこんなぬくうない」 「ぬくいん、買うたらええやん」 大輔は黙っている。 (そういうこととちゃうねん、家族団欒かぞくだんらんあたたかさや、なあ大輔) 私は心の中で呟く。 1年前の12月、急に独り暮らしを始めると言って、家を出た長男の大輔。 その翌月のお正月は「まだひと月経ってへんし、部屋も片付いてないし」と言って、顔も見せてくれんかった。 結局この1年、数えるほどしか実家に帰って来んかったな。 けど、今日帰って来てくれて、お父さんも私も嬉しいお正月や。 「おとんは? もう寝たんか?」 「おとん、このごろ夜9時には布団入ってんで。寒いし、ガス代電気代節約や言うて」 笑いをこらえるように拓海が言う。 「愛想ないな。大晦日夜に俺帰る、言うてあったのに。年寄りやからしゃあないけどな」 大輔も微かに笑いを含んだ言い回しだ。 「ちょい早いけど、コレ」 大輔がポチ袋を拓海に渡した。 「何これ。うっわ、お年玉? 初めてやん、ありがとう」 拓海は心底嬉しそうだ。 (良かった、兄弟仲良しで)  
/4

最初のコメントを投稿しよう!