まぶたの母

1/1
7人が本棚に入れています
本棚に追加
/4

まぶたの母

大輔がうつらうつらしていると、急に足元から冷たい風が入り込んできた、と同時に、すっかり冷えた足が大輔の足に当たった。 「うわ、冷た! なんや、おかんか」 「しゃあないやろ、今まで風呂場におったからな、足元冷えてしもた」 「風呂入って冷えるて、なんやねん」 「しゃあない、古い家やからな」 「しゃあない、しゃあないばっかり言うなや。その言葉は聞き飽きたわ!」 母の冷たい足にイラついた大輔は、鋭い声で言ってしまう。 目の前の母は悲しそうだ。 「……すまんな、不甲斐ない親で。 大輔が家キライな気持ちもよう分かってる。 小さい時から色々我慢ばっかりさせてきたな。 怒ってばっかりやったし。 私は母親早う亡くして、なんちゅうんかな…母のモデルがないから、ええお母さんでなかったな。 けど、大輔も拓海もほんまにええ子に育ってくれた。ありがとう」 いつの間にか母も大輔も泣いていた。 「おかん、そんな謝らんでええ、おかんは日本一のおかんや」 「大輔、ありがとう、ごめんな」 母のふくよかな身体が小刻みに震えている。 「寒いな、こたつに潜ろ」 涙を拭いながら母が言った。 大輔は子供の頃のように、頭からすっぽりこたつに入ってみた。 「暖かいなあ、今日はもう2人ともここで寝よか?」 珍しくそんなことを母が言う。 「せやな、今日くらいはええよな、年越しこたつや!」 答える大輔は幸福感でいっぱいだ。 「このこたつカバー、お母さんのお母さんがな、買おうか、やめとこか、ものすごい悩んで買ったんやで。当時すごい高かったから。大輔、大事に使ってな……」 大輔のまぶたは再び閉じて、完全に眠りに落ちてしまった。 もう母の姿は見えない。
/4

最初のコメントを投稿しよう!