冬来りなば

1/1
7人が本棚に入れています
本棚に追加
/4

冬来りなば

「兄ちゃん、起きや。俺バイト行くな」 (夢か……) どうやら、こたつで元日の朝を迎えたらしい。 玄関を開けて出て行く拓海を目で追いながら、大輔はまだこたつに横たわったままだ。 (おかん、ごめんな。こんな急にお別れが来るなら、独立せんかったらよかった) 大輔はのろのろとこたつから這い出ると、朝の冷たい空気にぶるっと身震いし、居間の奥にある小さな仏壇の前に正座した。 仏壇には、明るく笑う母の写真が飾られている。 去年の春、大輔が独立して3ヶ月ほど経った頃、突然の心臓発作で母は亡くなってしまった。 しばらくは、つらくてつらくて会社も休みがちだった。 しかしお盆に帰った時、父と弟が慣れない家事に奮闘しているのを見て、自分だけが泣いてばかりもいられないと思った。 この年末は今までの遅れを取り戻すべく、 がむしゃらに働いた。 自分が立派に社会人として生きていくこと、それが今まで自分を育ててくれた母への恩返しなんだ、改めて大輔は思う。 (なあ、大輔。冬来りなば春遠からじやで。 3人で頑張ってな、お母さんはずっと見ています) 誰かの気配を感じ、大輔が振り返ると、こたつに母の姿が見えたような気がした。
/4

最初のコメントを投稿しよう!