プロローグ

1/3
518人が本棚に入れています
本棚に追加
/307ページ

プロローグ

 およそ「診察室」という響きには似つかわしくない、落ち着いた色彩で整えられた居心地の良い……ただし無個性な……応接室のような部屋である。  卵色の漆喰の壁に広く穿たれた窓から、レースのカーテンに絡みとられた日差しがまろやかに溶け込み、部屋は親しみやすく温かな雰囲気に満ちている。  各務幸彦が座る一人掛けのソファの向かいに、ローテーブルを挟み二人掛けの布張りのソファが配置されている。そこに今、真鳥和巳が掛けていた。 「それじゃ今は舞台を主にやっているんですね」 「主にというか、舞台しかやっていないです。  ……映画も演りたいんですが……」  自分の顔色を窺うように見る真鳥の反応も各務は気にせず、各務は雑談のような調子で問いかける。 「私は素人だから解らないのだけれど、舞台と映画では、所謂役作りが違うんですか?」 「役作りというよりは、演じ方というか、役の入り方が違うような気がするんです。……俺の場合は、ですが」 「役の入り方?」 「自分の感覚なんですが、舞台では役を自分の外へ出していくのに対し、映画では役を内側に入れていくというか……」 「外と内ですか」
/307ページ

最初のコメントを投稿しよう!