手のひらの幸福

後にも先にも、あんなに有意義なお年玉の使い方はなかった。

0 0

3分 (1,284文字)

あらすじ

「大事にしなさいよ」  そう言われて渡されたポチ袋。  何に使おう。洋服? ノート? 漫画?  いろいろ考えていたのに、私のお年玉は君になった。  一目見たその瞬間から、目が離せなくなったのだ。 「ぴ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2018/1/8

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る