スズノオ

人生に絶望した男の前に現れたのは「紐」だった

羽央えり

3分 (1,501文字)

2 5

あらすじ

「みんなでつくるドラマ脚本プロジェクト」応募作 屋外の階段踊り場に、天高くから垂れ下がる紅白に編まれた紐。 それは神様を呼ぶための鈴を鳴らす紐。鈴緒だった。 ひょんなことから神様の加護を受けること

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません