自分嫌いに縛られた、忘れられない記憶の破片(赤子)

0 0

34分 (20,165文字)
醜い自分から生まれた醜い子ども……

あらすじ

説明のできない自己嫌悪に苦しめられて、家に引き籠っていた主人公。 ある日、主人公の家をみすぼらしい神様が訪れて、両手に抱いた赤子を、「この子は私とお前の間に生まれた子どもだ。」と告げて主人公に預けた。

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2018/1/8

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る