ぜ、ん、ま、い、と、あ、た、し

ぜんまいを持つ人々が暮らす、不可思議な世界に迷い込んだ、死にたがり少女のお話

奈須川 周(不在がちです。すみません)

2時間34分 (92,129文字)
誤字修正しました

39 2,036

あらすじ

生きることから目を背けた少女、黒谷麻奈が目覚めると、そこは背中からぜんまいが生えた人々が暮らす異世界だった。 ぜんまいを介し、互いを支え合う彼らとの不思議な生活を通し、麻奈は生きることの素晴らしさを

感想・レビュー 5

ぜ、ん、ま、い、と、あ、た、し 良い話でした。読んで損のない作品です。いや、読むことをお勧めしたい一篇です。 現実の世界から突然、ぜんまい人間のいる世界へジャンプ! なんじゃ、と思うも、すぐに物語に惹
1件3件
奈須川さん♪ 『ぜ、ん、ま、い、と、あ、た、し』拝読させていただきました。 読後の感想を1言でいうと、「面白かった!」コレに尽きます。じっくり読もうと思っていたのに、面白くてついつい一気よみしちゃい
ネタバレあり
1件1件
異世界召還・転移・転生ものに、ほぼまったく食指が動かない自分が気づけば、ガッツリハマっていた。とにかく面白い。 クリスマス間近の12月半ば、突然の事故に見舞われて重傷を負った黒谷麻奈は、一命をとり
ネタバレあり
6件
もっと見る

この作者の作品