第一章

25/58
40人が本棚に入れています
本棚に追加
/252ページ
「混乱しているらしいな。とにかく、君はどこか怪我でもしているのかい? その、ここ以外に」 彼は自分のこめかみを人差し指でちょんちょんと突いた。 頭がイカレていると言いたいのか、それともこめかみのコブのことか。後者ということにしておこう。 「いえ、別に大丈夫です。何故ですか?」 アンソニーはあたしの寝巻きを指差す。水色の寝巻きの胸元に、イチゴの汁が点々と血飛沫のように付着していた。 「ああ、これは血ではありません。イチゴです。イチゴの汁」 保安官の顔色が急変する。 しまった。迂闊にも口を滑らせてしまった。 イチゴを盗んだことを自白しているようなものだ。 「あの、実は……」 「食べたのか? 君は」アンソニーが遮った。 「食べてしまったのか? 村外れの特約農家の、あの真っ赤なイチゴを」
/252ページ

最初のコメントを投稿しよう!