3ねんせいの、8さいです。

1/1
30人が本棚に入れています
本棚に追加
/85

3ねんせいの、8さいです。

「何歳ですか?」と尋ねると、 「3ねんせいの、8さいです。」 と返すのが鉄板の回答になっている娘です。 急激に寒くなったので、家を出る5分前まで布団にくるまったまま起き上がれず。 私「おはよう」 娘「……」 私「Sちゃん、おはよう。おトイレに行こう」 娘「おふとん、かけて」 私「学校は?」 娘「いかない……」 さて、何と言って誘導しよう。 私「皆が、Sちゃんのこと褒めてたよ」 娘、布団にくるまったまま無言。 私「昨日は、おじいちゃんと1時間お留守番できたし、ご飯も全部食べられたし。お注射(予防接種)も受けられたし……さすが、『3年生の8歳』だね~って」 そのまま、部屋からフェイドアウトしようとすると……。 「おはようございます!」 押しても引いても離さなかった布団を跳ねのけ起き上がり、満面の笑みの娘。 娘「おトイレ、いってきます!」 私「一人で大丈夫?」 娘「3ねんせいの、8さいだから!」 トイレを済ませると、1分で着替え完了。 声かけ一つで、切り替えできる(人格が変わる?)娘です。
/85

最初のコメントを投稿しよう!