流線形

1/4
7人が本棚に入れています
本棚に追加
/4ページ

流線形

友子は会社を辞めて、一人で季節外れの海へやって来た。 それなりに頑張ったはずだったが、もうすべては後の祭りだった。 その一か月前には、付き合っていた貴生とも別れてしまった。 しばらくは失業保険と少ない貯金で、この海沿いの街で暮らしていよう、 ただ独りでブラブラしていようと友子は思っていた。 サーフボードが波間に揺れていた。 それを黙ってみつめながら、友子は貴生に渡すはずだった手作りのバレンタインのチョコレートを捨てた。 大好きだったはずのバレンタイン・デイが、もはや色褪せた虚しい、何もない一日に思えた。 サーフボードは、とある学生風の青年のものだったようで、青年はそれを取りにきて、ボードを持って去っていこうとした。 だが青年は友子に気がつき、これから一緒に食事をしようと告げ、友子が承諾すると、ふたりは海沿いのレストランで食事をした。 その後、普通に男女の関係になったが、しかし友子と青年は、相変わらず昼間海辺で出会うと、ちょっとだけ口を効くだけの付き合いだった。 だいたいその青年が、どこに住んでいるのかも友子は知らなかったし、聞いたりもしなかった。     
/4ページ

最初のコメントを投稿しよう!