流線形

4/4
7人が本棚に入れています
本棚に追加
/4ページ
世間ではホワイト・デイだのと騒いでいる、深夜の仕事の帰り道、独りでビル街を歩いていた友子は、そこでかなり年式の古いコンバーチブルに乗って友子を迎えに来た、あの海辺の青年に久々に会った。 青年は友子の首にネックレスを付けた。 友子は黙って車に乗った。 青年の運転する車で、高速を走り抜けて夜のドライブ まるで流星のように走り抜ける車と、青年の横顔 車はやがて高速を飛び越え、夜のイルミネーションを後に空中に飛来し、そのまま宙空の時空を、さらなる高速で、まるで流星のように走り抜けていった。 友子はこのままどこまでも青年と一緒に、流星のように走り続けて消えてしまいたかった。 青年は何も言わないで、ただひたすら夜空の上を光の速さで車を走らせ、月の向こうまで突き抜けようとしていた。 さようなら 車は流星の速さで夜の空を駆け抜けていき、そして夜空の闇の中に静かに消えていった。 (終)
/4ページ

最初のコメントを投稿しよう!