【R18】蜜月

16/16
454人が本棚に入れています
本棚に追加
/44ページ
 徐々に絶頂の余韻が冷めてきて、吸い付くようなキスからチュッチュッという軽いものになっていく。至近距離で見つめる黒い瞳には、まだ熱があった。 「…ダメだ、悪い」 「え?」  何がと問うよりも前に、ファウストがランバートの体を反転させる。勿論、繋がったままだ。だからこそ感じてしまう。まだ中に入り込んでいるそれが、硬さと熱を取り戻していることに。 「え…」  まさか…だろ?  いいたいが、腰を持ち上げられて尻だけを突き上げられる状態にされると疑いようがない。  背にかかる重みが増して、ズルリと質量のあるそれが内壁を擦り上げていく。刺激される場所が変わって、今度は恥骨の辺りに響くのだが、こうなるともうランバートはお手上げた。  グチャグチャになりながらされるがままに抱き込まれたランバートは、精も根も尽き果ててもまだ終われなかった。
/44ページ

最初のコメントを投稿しよう!