01.22歳、春

1/3
230人が本棚に入れています
本棚に追加
/69ページ

01.22歳、春

どうしてこうも遠いのだろう。 制服を脱ぎ捨てて、でっかいキャンパスに辿り着いたと思えば、スーツを着てするりするりと私の世界から抜けていく。 たった3つだ。3つの年の差がここまで重いなんて思わなかった。 世界が違う、未来が違う。 それでも、大人になればその背中に追い付くと信じていた。信じることが出来たのは10代特有の夢見がちな思考のおかげで、22歳の私の未来はものすごくリアルに差し迫っていた。 リクルートスーツを着て、OB訪問をし、たいして面白くない先輩の話を笑顔で聞く。 ピタリと張り付けた、造り物の笑顔は、私をどんどん駄目な大人にしていく気がしていた。 「スーツ、似合うじゃん」 大学の裏のスターバックスで、私を見るなり開口一番ケイちゃんは言った。 「そう?」 「俺よか全然似合う。サク、顔が老けてるから」 「超失礼なんですけど。」 そう言って眉を顰めると、ケイちゃんは悪戯っ子のように笑った。 少し重めの前髪とベビーフェイスのケイちゃんは、 いくらスーツを着ていても、年より若く見える。 細身のスーツは明らかに高級そうで、自分のペラペラのリクルートスーツを恥ずかしく思った。     
/69ページ

最初のコメントを投稿しよう!