豪雨の日

2/3
179人が本棚に入れています
本棚に追加
/168ページ
  「それで……、やはりショックは大きかったですか? 」 「そうですね。  週刊誌の取材を受ける日が自分に来るなんて、そんなこと、思ったこともなかったんで」 明広にジッと見つめ返されたので、佐島は、さも同情しているように、眉を下げた。 「小早瀬さんが遭ってしまった婚活詐欺、最近、多いらしいんです。  今回の記事が読者である世の男性への啓蒙と、注意喚起に繋がれば良いと考えてます」 「そうですか。  …わかりました」 「当然、小早瀬さんのお名前もお相手の名前も記事には出ません。  小早瀬さんは “Aさん” 、相手の女性たちは “A子さん” “B子さん” …とアルファベットですので、ご安心ください」 すると、なぜか明広が「フハッ」と笑う。 「え? 何か問題でも? 」 「いや、 “A美さん” “B美さん” じゃなくて? って思っただけです。  ははは…、なんでもありません、気にしないでください」 「はあ」 佐島は、このあと明広の口から出てきた女性たちの名前をメモする過程で、明広のこの自虐的なボケの意味を理解した。
/168ページ

最初のコメントを投稿しよう!