特集

命のオーディション

僕らは、誰かの犠牲の上に生きている

一ノ瀬樹一

17分 (10,001文字)
2018年3月8日 新作セレクション選出作品

51 280

あらすじ

ビルの屋上――。 有坂慧は、人生を終わりにしようとここへ来た。 きれいな夜景と三日月の夜。 死ぬには絶好の夜だったのだが、そんな有坂の自殺を邪魔したのは、自称死神の久慈城クリード・ステラスミスだった

感想・レビュー 15

とても深い内容でした。 生と死についてを綺麗にまとめられて読みやすく分かりやすい作品で良かったです。 特に最後の落ちはなかなか想像できるものではなく重く感じました。
ネタバレあり
1件
(応援)生きたいと思っても生きられない人間がいる…確かにそうですよね。 自殺という絶望を通して、それぞれが生きる希望を失わないことの大切さを暖かくも力強く書いています(^O^) 生命に対していろい
ネタバレあり
1件
主人公が生きることを決心してくれて良かったです! 改めて命の重みを感じる作品でした。
ネタバレあり
1件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る