始まりの空

2/2
112人が本棚に入れています
本棚に追加
/93ページ
目を開けるとそこには重々しくくすんだ空。 「青い空、どこでみたんだっけ。」 ぽつりとつぶやく。 「泉(イズミ)、あなたは青空はみたことがありません。 あなたの知っている空はこの空だけです。」 思考を遮るように御魂(ミタマ)にぴしゃりと告げられる。 御魂は幼い頃亡くなったという俺の両親に仕えていた従者人形だ。 従者人形とは、自分で思考し、持ち主に仕える人口知能が備わった絡繰りのことで、 御霊も俺の家に代々仕えてくれているらしい。 「御魂、でも目を閉じると浮かぶんだよ。きれいな青い空」 御魂は無表情で(絡繰りだから仕方ないけど)もう一度きつい口調で告げてきた 「泉、あなたは疲れているのでしょう。寒くなってきました。 家に帰りましょう。 今日は久しぶりに肉を仕入れることが出来ましたので, 栄養価の高いスープを作ることができます。」 「肉か、1か月ぶりだな。 せっかくだし、令(レイ)と功(コウ)にも食わせてやろうか。」 「お言葉ですが、これはあなたの栄養です。 他者に分け与える余裕はありません。 あなたお一人で食べるべきです」 御魂は人工知能をもっているが、感情や心をもっていない。 効率や決められた行動規則に従って動いているだけだから、こういう冷たく聞こえることをよく言うのだ。 「御魂、俺のことを気遣ってくれてありがとうな。 でもこの肉は3人で食べたいんだよ。 令も功もずっと支え合って暮らしてきた孤児仲間だからな。」 俺には御魂という保護者的な存在がいてくれたが、令と功にはそんなもの存在しない。 彼らは正真正銘の天涯孤独の身なのだ。 「了解しました。泉がそうおっしゃるなら従います。」 御魂は無表情のまま答えて、肉を抱えて厨房へ入っていった。 きっとこれから畑でとれた葉野菜や根菜もいれた滋養の高いスープを作ってくれるんだろう。 「さて、俺は令と功のところにいってくるか」
/93ページ

最初のコメントを投稿しよう!