01

1/8
2797人が本棚に入れています
本棚に追加
/249ページ

01

努力すれば、何でも掴めると思っていた。 仕事も恋愛も、何だって。 欲しいと思ったものは手に入れてきたのに。 だけどアイツだけはどうしたって手に入らない気がしていた。 アイツの前だけでは俺はどうも調子が狂ってしまう。 仕事中の愛想のないサバサバした空気。 プライベートの時のふわふわした空気。 アイツが放つ空気に包まれると、 一体どんな風に対応したら良いかわからなくなってしまう。 自分を良く見せようと格好つけたり、 気を引きたくて他の女と仲良くしたり。 まるで自分が自分じゃないみたいだ。 どうでもいい女には言える甘い言葉も、 喉につっかえてそっと飲み込むしかなくなる。 欲しい、どんな手を使ってもいいから、この女が欲しい。 心の底から思っているのに。
/249ページ

最初のコメントを投稿しよう!