40

4/6
2746人が本棚に入れています
本棚に追加
/249ページ
「そういえば、明日はどこに行く?」 「遊園地!」 光希が元気よく答える。 「はい、水族館!」 「よし、じゃあ2人とも行きたい理由をプレゼンしてください。いつも通り、お父さんに決定権はあります。」 俺はそういってサラダにドレッシングをかけた。 グラタンを美味しそうに食べながら、光希は、 いかに遊園地に行きたいかを熱弁する。 そのあと、アカリはペンギンが見たいと熱く語った。 「はい、じゃあ今週は光希さんの案で行きましょう。」 「やったー!」 「えー!2週連続光希の案じゃない!」 アカリが不服そうに唇を尖らせた。 俺は笑いながら、来週また提案して下さい、と言う。 悔しそうに眉をひそめるアカリは、本当に負けず嫌いだ。 その顔は、誰が見ても可愛くなくて、尖っているけど。 俺だけには、可愛く見える、 出会った日からずっと、そんな魔法にかかっている。 どれだけ素直じゃなくても、可愛くなくても、 ぽちゃん、とコーヒーの中に落ちれば。 俺だけの前では甘い、それで十分なのだ。
/249ページ

最初のコメントを投稿しよう!