1

1/1
72人が本棚に入れています
本棚に追加
/115

1

始業式の朝、顔を洗っているときだった。 何かが違う、とキミドリは思った。 何が違うのかすぐには分からず、ただ手のひらから伝わる違和感に顔を覆われるばかりだった。 1回、2回、3回。 4回目に、細かく泡だった洗顔フォームをまだ冷たさの残る蛇口の水で洗い流したとき、ようやくキミドリは気付いた。 違う。 この手は、わたしのじゃない。
/115

最初のコメントを投稿しよう!