風変わりな姫君

1/19
53人が本棚に入れています
本棚に追加
/51ページ

風変わりな姫君

* 「ねえねえ誰か、毛虫をとってきてちょうだい!」 ここは花の都、東の三条大路。 今を時めく大納言どのの立派なお屋敷。 その奥深くに、鈴のように軽やかで可憐な声が、明るく響きわたる。 声をかけられた男童たちは「またですか?」と呆れたように振り向いた。 まわりでお仕えしていた侍女たちが、「きゃあ」だの、「いや、こわいわ」だの、「逃げましょう」などと騒いでいる。 その中心にちょこんと座っているのは、大納言の五番目の姫君、成人の儀を終えたばかりの胡蝶姫である。 「あら、なんで嫌がるの? 毛虫ほど可愛らしい生き物はいないのに」 恐れおののいている侍女たちに向かって、胡蝶は不満げに唇を尖らせた。 それから、くるりと振り向いて、縁側に鈴なりになっている男童たちに声をかける。 「お前たち、早くとってきてちょうだい。いちばん立派な毛虫を持ってきてくれた人に、唐菓子をあげるわよ」 男童たちは目を輝かせ、いっせいに庭へと駆け出していった。 女たちの恐慌が絶頂を迎える。 「きゃああ! 早く逃げなきゃ、またこの部屋は虫だらけになるわよ!」 「いやっ、待って、置いていかないで!」 胡蝶はさらに不満そうな声を上げた。 「ねえ、だれか一緒に虫を観察しましょうよ」 「ごめんなさい姫さま、それだけは無理でございます! どうかお許しくださいませ!」
/51ページ

最初のコメントを投稿しよう!