坂の上のHEAVEN

7/14
52人が本棚に入れています
本棚に追加
/260ページ
 ミコがクスクスと笑う。くっそー。  ミコがヨージに惚れてることくらいわかる。いつも視線の端でヨージを見ている。  多分、ヨージもミコに惚れてると思うけど、そこは声にださない。  なぜかはわからんが、とりま(とりあえず、まあ)感謝だ。ヨージが声に出したら、ミコに告げたら俺は引くしかなくなるから。親友の彼女に手を出す最低人間になってしまう。 「ヨーイチヨージ、夏期講習(カキコウ)何とるん?」  俺たちのうどんがのったでっかいテーブルの端に凭れるようにしてタマが言った。ミコに頼まれての偵察やな。クッソー。 「とりま、全部取る。」  ヨージがうどんをすすりながら言う。 「はあ?あんた国立理系やろ?予備校行かへんの?」  タマは本気で呆れている。 「予備校、金かかるやん。学校はただやで。」  ヨージはタマもミコも見ずにうどんを食い続ける。  ヨージはこんなだがなぜか頭がいい。生まれつきIQが高いのかもしれない。授業でもノートも取らずにボーっとしてるくせに、先生に当てられたら正解を答える。定期試験も常に学年上位。この間の模試も国立大Bランクだった。     
/260ページ

最初のコメントを投稿しよう!